INFORMATION

パワーチャージできた素敵な一日


芸術鑑賞しました。

2020年の夏の終わりに、


蜷川実花展 -虚構と現実の間に-

を鑑賞してきました。

ここへ来る道すがら、おいしいフルーツのお店や

評判のパン屋さんの前を通りすぎるだけで寄り道はせずに、

いざ札幌芸術の森美術館へ直行。

国道の風景がどんどん森に近づいてきたら、美術館の門に着きます。

美術館の門から美術館までは、樹木が生い茂り深呼吸したくなります。

展覧会は、蜷川実花氏らしい、華やかでみずみずしく、生命力溢れる

大迫力の花の写真が壁一面にあり、圧倒されながらも

感動もあり見ごたえのあるものでした。

さらに、芸能人・スポーツ選手・歌舞伎役者などの著名人の写真も

ずらりとありました。その人らしさが出ているものや、男女問わず

格好いい!って思える写真も多数あります。その中で、一番最後の壁に

女優桃井かおりの写真がありました。素敵!私の中ではこの方が

一番格好かったです。


来年のカレンダーは久しぶりに蜷川実花にしよう、と心に決めて。

パワーチャージできた素敵な一日になりました。


(賃貸管理部 川上)