INFORMATION

防災月間


1923年9月1日に関東大震災が発生したことに由来し、9月1日は防災の日、9月は防災月間とされています。
避難訓練などをが行われる学校や職場も多いようです。

台風も多い時期ですし、ハザードマップや避難場所・避難経路の確認、防災グッズや備蓄品の見直しなどをするよい機会かもしれません。

災害時には3日〜1週間分の水や食料備蓄が必要といわれています。
長期保存できる防災用の非常食を確保することだけが備蓄ではありません。
普段の生活の中で無理なく続けられる「ローリングストック」という方法を紹介します。

普段食べているものを少し多めに買っておき、日常生活で消費、食べた分を買い足す、を繰り返すのがローリングストック。
この方法なら、普段から食べ慣れたものが災害時の食卓にも並び、安心して食べられます。
賞味期限が長期でなくてもよいので、保存食の選択肢が広がるメリットもあります。
次の買い物からでも始められる食料備蓄、試してみてはいかがでしょうか。


(福士)