INFORMATION

ハウス・リースバックにかかる税金とは【ハウスドゥ!札幌大通店】


不動産を売ると「譲渡所得税」という税金がかかる


不動産を売却する場合、「ハウス・リースバック」を利用したかどうかに関係なく譲渡所得税が課せられます。

譲渡所得税は、不動産を売却したことによって生じた利益に対して課税される税金で、ざっくり言ってしまえば売値から諸々の手数料を引いた純利益です。

 

課税金額を求める計算式は、以下のとおりになります。

 

収入金額 – (取得費 + 譲渡費用) – 特別控除額 = 課税譲渡所得金額

 

計算式の中の「収入金額」とは売ったときの金額のこと、「取得費」は買ったときの金額と買ったときの費用の合計、「譲渡費用」は売ったときの費用のことです。「取得費」と「譲渡費用」は具体的には下記のような費用になります。

 

【取得費】
・土地・建物の購入代金や建築代金
・購入時の税金(印紙税、登録免許税、不動産取得税など)
・仲介手数料
・測量費、整地費、建物解体費など
・設備費、改良費
・一定の借入金利子

 

【譲渡費用】
・仲介手数料
・印紙税
・借家人に支払った立退料
・建物解体費など
・売買契約締結後に支払った違約金
・借地権の名義書換料など


注意点は減価償却


ここで気をつけたいのは購入代金は購入時の額そのままではなく、減価償却が必要ということです。

 

例えば、自動車の新車を100万円で買ったとしても、経過年数・走行距離などの劣化するという考えで売る時には同じ値段では売れませんよね。不動産も同じで、減価償却費=建物の取得価格×0.9×償却率×経過年数という式で計算します。

 

売却代金が「取得費」より高くならなくても、「取得費」は減価償却しなければならないため、購入から時間が経っている場合は課税所得が生じてしまうかもしれません。

譲渡所得税の計算方法や、その他の税金については、別の記事で解説予定です。

 

ハウス・リースバックについてもっと詳しく見る