INFORMATION

”夏”本番に向けて!


7月に入り暑さも本番を向かえておりますが、今年はコロナの影響でマスクも外す事ができなく
体に与える負担がかなり心配されますね。

そんな時だからこそ、旬の野菜や果物を美味しく食べて夏の暑さを乗り切ろうではありませんか!!

東洋医学では「体を冷やす食べ物」と「体を温める食べ物」があると言われていますが、
実は「東洋医学」と言っても諸説あるようです。

いずれにしてもよく言われているのが、
「気温の高い時期や場所で育ったものは体を冷やす」という説が有ります。

それらはカリウムと水分を豊富に含むことが多く、カリウムは発汗・利尿作用により水分とともに熱を体外へ放出し体を冷やすと考えられているようです。

具体的には、枝豆・きゅうり・トマト・ナス・ゴーヤ・オクラ・レタス・バナナ・スイカ・メロン・マンゴー・梨、等の食べ物が有ります。

暑いとどうしてもエアコンに頼りがちになってしまいますが、エアコンも室内と室外の気温差が10℃以上あると夏バテしやすいといわれていますので、旬のものを美味しくいただきながら暑気払いをして上手に夏を乗り切りましょうね!

(舟津)