INFORMATION

宅配ボックスの需要が増加中


賃貸管理部の五十嵐です。

札幌も非常事態宣言が解け、皆さん感染に気を使いながらも少しずつ街の賑わいが戻りつつありますね。

今回は宅配ボックスについて取り上げようかと思います。

【宅配ボックスとは?】
お分かりの方も多いかと思いますが、主にマンションやアパートのエントランスに設置され、不在時などの際に宅配されたものを受取代行し、帰宅後した後に受け取ることができるロッカー型設備です。

年々需要が高まっており、賃貸住宅の人気設備ランキングでは上位にランクインされている人気設備となっています。マンションやアパートの新築物件では竣工時から標準的に設置されています。

さらに今年は、コロナウイルスの影響によりインターネット通販を利用する方が増加しているようで、ご入居者より宅配ボックスを希望する声を聞くようになりました。

ご入居者も直接宅配業者さんと接触せず宅配された物を受け取ることができますので、感染対策として利用される方もいるようです。

新聞記事によりますと、住宅設備大手の会社で宅配ボックスの販売台数がコロナの影響が出る前の月平均より約5割も増えたそうです。住民の要望等により後から導入するケースが急激に増えたのでしょう。

物件によってはエントランスが狭く設置が難しいこともあるようですが、「現在空室が多くなかなか入居が決まらなく困っている」「入居者の満足度を上げたい」とお考えになっているオーナー様は、入居率アップやテナントリテンションの方法の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

当社管理物件でも宅配ボックスの導入をすすめている物件が2棟あります。設置が完了いたしましたら実際の導入例としてこのブログでご報告したいと思います。

(賃貸管理部 五十嵐)