INFORMATION

不動産仲介業って何をするんですか?【その2】


仲介手数料とは?

一般的にはお客様から依頼された不動産売買や賃貸が成約をした場合、成功報酬として不動産仲介業者に仲介手数料を支払います。手数料は宅地建物取引業法で上限が決められております。

この手数料は速算をしますと、

【売買の場合】

  • 成約金額が200万円以下の場合「成約金額×5%(税別)」が上限金額
  • 成約金額が400万円以下の場合「成約金額×4%+2万円(税別)」が上限金額
  • 成約金額が400万円以上の場合「成約金額×3%+6万円(税別)」が上限金額

【賃貸の場合】
  • 「成約賃料×1か月分」が上限金額

以上の通り、成約金額によって仲介手数料の上限金額は変わります。


不動産業者に頼むメリットとは?

不動産業者に依頼すると以下のようなメリットがあります。

  1. 物件の公法上の権利関係や規制、周辺との相隣関係などの情報の調査
  2. 売買価格、もしくは賃料は適正かどうかの判断(査定書なので作成提案)
  3. 取引条件の調整(売主・買主間の条件調整)
  4. 売買代金の支払いがきちんと行われるかの確認
  5. 物件の契約に当たって重要事項説明書や契約書などの書類の作成
  6. その他トラブルや損害が発生した場合の解決

不動産は大きな買物ですので、仲介業者に依頼することが安心してご自身の資産を売買することに繋がります。

次回は売却依頼時に結ぶ媒介契約の種類と関連する問題点について【その3】を掲載いたします。

不動産仲介業って何をするんですか?【その1】

(佐山)