INFORMATION

家賃スライドについて



12月に入り「家賃スライド」が始まっています。


「家賃スライド」とは、既に進学や就職が決まっている新入学生・新社会人向けに、今からお部屋を契約しても来春からの家賃発生が可能というもので、毎年の恒例行事です。

元々この制度は札幌発祥のものと聞いたことがあります。空室率の高い札幌ならではの苦肉の作戦かと思いきや、いつのまにか全国的にも市民権を得ているようですね。

賃貸仲介店も春先のお客様を早めに取り込もうと、早ければ10月には「家賃スライド物件」としての集客を開始します。

引越しシーズンのピークになってから、物件を探し始めると、内覧できなかったり、複数の物件を比較して検討できなかったり、落ち着いて物件選びの出来ない状態となってしまうと煽り「家賃スライド物件」に落としこみ、春先の見込み客を早めに取り込む営業を展開するのです。

『通常、賃貸物件は契約後、すぐに家賃が発生いたしますが、家賃スライド物件とは、例えば契約が11月・12月であっても、家賃の発生は実際に入居開始となる3月・4月からで良いですよと、オーナー様が承諾している物件のことをいいます。学生の皆様には、是非このメリットを活かして、賢い引越しスケジュールを計画していただきたいと思います。早めにお部屋が決まったら、インテリア選びや家電選びなども余裕をもって揃えることができますね。』・・・といった口上です。

本格的な春先の動きはもう少し先ですが、早くに進路が決まった方の動きは意外と早くスタートし少しずつ増えてゆきます。専門学校では10月から願書受付が始まっており、短大もAO入試が行われますので11~12月位に部屋を決める方が多くなるのです。

ただし「家賃スライド」の場合は、仮に12月から契約開始したとしても入居自体は3月下旬から4月上旬となりますので、3ヶ月間の機会損失を生むこととなってしまいます。

一般化した家賃スライド


賃貸の動きが少ない時期に、フリーレントを導入して入居促進を図ることがあります。物件の競争力を付けて、他物件と差別化することができます。


「家賃スライド」と家賃が入ってこない点は同じなのですが、「家賃スライド」の場合は、当たり前になりすぎたために、他のスライド物件と肩を並べるだけで、もはや差別化まで狙えるものではなくなっています。

この時期の入居者の事情をものすごく配慮した契約で、オーナー様からは「やり過ぎでは」「この時期にそこまでしないと決まらないの」との声も聞くことがあります。オーナー様としても春先の競争が激化する前に入居者を確保できて安心できますし、比較的属性のよい入居者となるというメリットもあります。

さすがに、10月から「家賃スライド」を考えるオーナー様は少ないですが、12月になると本格的にスライド客が中心となってきますので承諾するオーナー様も増えてきます。

当社では仲介店向けの空室資料にも「家賃スライドOK」の枠を追加し、順次管理物件のオーナー様にも趣旨をご説明し家賃スライドをご了承するかのご判断をしていただいております。

 (賃貸管理部 五十嵐)