INFORMATION

運命学研究家 宮沢みち様を講師として招待しました。


不動産業者が知っておくべき家相講座を約1時間半勉強させていただきました。

【家相で大切なのは土地】
土地を選ぶときの注意点など、普段我々不動産業者が近隣相場などから、仲介や買取販売をしていく視点とは又違った判断基準も大いに参考になればと思い、今回の様な研修内容にしてみました。

以下、宮沢みち先生の注意点として…

○ 土地に面した道路は基本4m~8m

○ 突き当たりの敷地は幸運パワーが弱い

○ 東道路や南道路が太陽のエネルギーを得て、幸運を呼び込む

○ 東南角地が良い

○ 変形の土地は良くないので工夫して使用する

○ 敷地の東や東南に大きな木を植えて家の影にしたり、風通しを妨げてはいけない

○ 家の近くに池を作って湿気を呼んではいけない(外壁から1m以内ダメ)

○ 逆勾配にして、庭を建物の床下や基礎の周囲の土地高さよりも高くしてはいけない

○ 家の周りをコンクリートにしてはいけない

など風水からみた視点で良い土地悪い土地の勉強をしました。


法定義務研修ですから、いつもは民法や宅建業法などに纏わる講義を協会の研修委員会では選ぶのですが、もっと違う視点で不動産を見る目を養う事が刺激になればと思い、研修委員会としては、冒険した内容の講演でした。 
しかし、出席者のほとんどが会社経営者や土地建物の販売に携わっている事もあり、講義内容に真剣で、資料やノートに自分の自宅図面や会社事務所の配置図などを手書きして、風水上良いのか悪いのか確認している姿が嬉しく思います。

出来れば、誰しも会社の繁栄を願い、あらゆる環境の変化も乗り越えて運気アップを望む訳です。

全日本不動産協会 
北海道本部研修委員長 高橋智春