INFORMATION

第1講は、住宅宿泊事業法(民泊新法)について
第2講は、宅地建物取引業法の改正と改訂等について


弊社は、住宅宿泊管理業の登録はすでにしておりますので次に行わなければならないのは、住宅宿泊事業の登録をしなければなりません。

宅地建物取引業法の改正等は、インスペクション(建物状況調査)いついて学びました。
弊社も、インスペクション業者をすでに手配出来ています。
札幌市内での全不動産業者が行う、中古物件仲介の総数に対し、
インスペクション業者は圧倒的に数が足りていない為、契約日程や決済の日程に影響が出ると考えられています。